healthy food

馴染みのある飲み物

ノンカフェインのお茶を飲みましょう

妊娠中の女性や出産後の女性が気になる話題のひとつに、母乳不足があります。近年は乳児用ミルクの品質も向上し、母乳にも劣らない高栄養のものが多く販売されています。しかし、やはり母乳が一番と考える産婦人科医が多いことも事実です。 母乳不足の解消には、水分を多く摂ることが重要です。しかし、ジュースのような清涼飲料水などを多量に摂取するのはオススメ出来ません。ジュースには砂糖などの甘味料が多く含まれており、母親の健康を損なう可能性がありますし、もし母乳不足が解消したとしても母乳の質が悪くなってしまいます。 そこでオススメなのがお茶です。お茶であれば砂糖などは含まれていないので安心してたくさん飲むことが出来ます。一点だけ注意が必要なのは、カフェインが含まれていないお茶(麦茶、たんぽぽ茶など)を選ばなければならないということです。

温かいお茶を飲むとより効果的

前述のとおり、母乳不足の解消にはヘルシーなお茶がオススメなのですが、さらに効果的に摂取するポイントがあります。それは、冷たいお茶ではなく温かいお茶を飲むと良い、ということです。母乳のもとは血液です。温かいお茶を飲むことで全身の血行が良くなり、母乳の生産量増加につながります。 また、妊婦が飲む場合にも、冷たいものより温かいものを飲むことをオススメします。冷たいものを摂取しすぎるとお腹の中の赤ちゃんが逆子になりやすいとも言われていますし、妊婦にとって体の冷えは大敵です。 最近は、ノンカフェインタイプのお茶にも様々なフレーバーのものが販売されています。自分のお気に入りのお茶を見つけて、母乳不足を解消しましょう。